30. どのような観点で注目技術を抽出するか

特許戦略の実行のためには、良い技術を見抜く眼が必要です。それでは、どのような条件を満足する技術に注目すれば良いのでしょうか? 私の少ない経験からは、次のことが言えると思います。

(1) その技術で実現できる機能を簡単に説明しようとすると、新しい概念の言葉を定義しなければならなくなるような技術には、注目すべきである。
(2) 従来の価値観を否定したり、従来の価値観を越えたもっと広い観点での価値観から設定された目的を達成するための技術には、注目すべきである。
(3) 新しい動作原理に基づいた技術には注目すべきである。
(4) 社会の未来像の確固たるビジョンに基づき、そのビジョンの実現のために必要な新技術には注目すべきである。
(5) 製品やサービスの本質を、「何故、それが必要なのか?」という問いを繰り返すことで、掘り下げていき、抽出された本質から論理的に導き出された「次に必要となる機能」に関する技術には注目すべきである。

このようにして注目すべき技術を抽出したり、案出したら、その技術の切り開くマーケットはどのようなものになるのかを論理的に考察していきます。この場合、コストや自社の能力は無視します。本当に必要な機能であれば、その実現のために必要な部品や材料のコストは多くの企業や人々の努力でたいていの場合は、必要なレベルにまで下がるからです。また、競合する代替技術との比較は必要ですが、コストに基づいた比較をするのではなく、技術の原理からくる限界や特性の比較をすべきです。特許という最長で20年というレンジを持ったものにおいては、コストの違いは一時的なさざ波のようなものだと考えるためです。
特許戦略メモに戻る      前ページ      次ページ

(C) Copyright 2004 久野敦司(E-mail: patentisland@hotmail.com ) All Rights Reserved

戦略のイメージに合うフリー素材の動画gifを、http://www.atjp.net/ からダウンロードして活用しています。