自己紹介

久野敦司

氏名: 久野敦司(ひさのあつし) PatentIsland株式会社 代表取締役社長、京都府亀岡市在住、業務用E-mail: atsushi_hisano@patentisland.co.jp   個人用E-mail: patentisland@hotmail.com


  【経歴紹介】
1956年生まれ。
1978年春、海上保安大学校本科通信工学課程卒業、2005年、金沢工業大学大学院工学研究科の知的創造システム専攻にて修士課程修了。
1979年末まで、第3管区海上保安本部下田海上保安部の巡視船しきね通信士を経て、海上保安大学校の練習船こじま通信士 兼 海上保安大学校教官。
1980年、オムロン株式会社に入社し、制御機器事業本部にてプログラマブルコントローラのソフトウェア開発を経て、
オムロン株式会社中央研究所にて知能ロボット用3次元物体認識、実装基板のハンダ付け外観検査装置等の画像認識技術の研究開発。
1988年6月から、知的財産センタにて権利取得業務、社内知財教育、社内制度整備、ライセンシング、特許権侵害訴訟、知財リスク対策に従事した後、
2000年から米国に駐在し、Omron Management Center of America Inc.にて、オムロングループの北米エリアの知財マネージメントをDirector of Technology and Intellectual Propertyとして統括して、 知財管理制度と運用体制を構築。
2003年に帰国後、オムロン株式会社の事業開発本部にて、センサーネットワーク,RFIDシステムの事業特許統合戦略に従事。
その後、オムロン株式会社の環境事業推進本部の設立企画プロジェクトに参画した後、2008年からオムロングループの知財活動の強化プロジェクトのプロジェクトリーダーとしてオムロングループの知財ポリシーの制定、知財シナリオに基づく業務体制の構築を主導。
その後、2011年からオムロングループのIoT戦略の立案を主導し、その過程でSenseekアーキテクチャを発明するとともに、 若手の育成を兼ねたSenseekプロジェクト(センシングデータ流通市場創設のプロジェクト)のプロジェクトリーダとして、国のIoT推進ラボの支援対象プロジェクトへの選定オムロングループのIoT戦略の作成と戦略の実行体制の構築およびセンシングデータ流通市場創設を国家戦略とすることの提案を主導した。

2016年にオムロン株式会社を定年退職し、現在は、PatentIsland株式会社の代表取締役社長。


【主要な発表内容】
海上保安大学校研究報告 昭和54年度 第25巻 第2号
デジタル論理セルの一般化とその自己組織セルへの適用について
これは、私が第三管区海上保安本部下田海上保安部の巡視船しきね三席通信士をしていた頃に考察した内容です。
【その他については、ここをクリック】





【主な活動内容】
弁理士会 弁理士に対する登録後義務研修 eラーニング講師(事業発展のための特許戦略論) 2010年4月から
【その他については、ここをクリック】





国家資格
● 1級知的財産管理技能士
【その他については、ここをクリック】





【主要な発明】
私が単独または共同で発明した中で、日本または米国で登録になった特許


特許戦略論に戻る